fbpx

シヴァナンダヨガ

ヘルスエデュケータートレーニング

病気の原因を追究し、セルフヒーリングを他者へ与える

概要

800時間のヨガヘルストレーニングを終えると、 ヨガの5つのポイント と ヨガの4つの道.を適用したセラピーを行えるようになります。

シヴァナンダヨガヘルスエデュケーターのゴールは、アーサナ、プラナヤーマ、リラクゼーションテクニック、ベジタリアンの食事、ポジティブ思考と瞑想の練習を通して、セルフヒーリングができるよう他者を力づけていくことです。

伝統的な方法として、基本的なコンセプトと哲学の知識は、このプログラムを通して成長するためのアドヴァンスの学習の枠組みとなります。とくに、病気の原因と個人のストレスの微細な側面を理解していきます。

呼吸器疾患、心血管疾患、糖尿病-免疫疾患、骨格筋の状態、抑うつ、不安、トラウマなどの精神的な健康などを含む、共通した健康状態を学びます。

ヨガ哲学、瞑想の練習の治療的効果、カルマと病気の理論、ヴェーダの科学に基づいたカウンセリングテクニック、 アーユルヴェーダ心理学,と同様に、中毒症の原因の根源に対する理解がこのカリキュラムには含まれています。このようにして、よがヘルスエデュケーターは、ヒーリングのためのポジティブで健康な手段の直感的能力と知識を持ちます。

この知識が必要な人

  • ヨガの先生
  • ヘルスケアの提供者
  • 病院関係者
  • 鍼灸師
  • フィジカルセラピストと脊柱指圧師
  • ソーシャルワーカー
  • 心理学者
  • セラピスト
  • カウンセラー
  • 看護師
  • ライフコーチ
  • ウェルネスプログラムの関係者
  • 健康への情熱がある人
Health-10

実習

実習プログラムの一部として、メンターの指導の元,、ヨガヘルスエデュケーターが、参加者と一対一のヨガヘルスコンサルテーションを行います (観察と非観察)。

ヨガヘルスエデュケーターは情報収集、参加者のアセスメント、参加者のニーズに合わせたプロトコールを行い、各ケースに合わせた書類を提供します。

フォローアップでは、参加者の成長したニーズとゴールを合わせるために、アセスメントとプロトコールの調整を再度行います。それはヨガヘルスエデュケーターの仕事と実習の基本的構成となります

Health-2

ヨガを用いたセラピー

健康状態にポジティブな影響を及ぼすヨガのテクニックを用いたセラピーをトレーニングします。

身体的な神経疾患
精神疾患、睡眠障害、不安、不眠、抑うつ、ストレス、トラウマ(PTSD)、中毒、慢性疼痛
健康とライフスタイル
日々のルーチン、食事、栄養
心血管の状態
高血圧、心疾患
代謝の状態
糖尿病、肥満、免疫系の問題、慢性疲労
呼吸器系の問題
喘息、不適切な呼吸
骨格筋系の状態
背中の健康と背骨の問題、リウマチ、骨粗しょう症、バランスの問題、老化もしくは座位の多い、動かない現代のライフスタイルによる可動とコリの問題。
特別な人口
老化、多発性硬化症、緩和ケア、リハビリテーション、術後回復
自己規律の不足
自己規律とセルフケアの不足、人生の意味を知らないこと

カリキュラム

 

私達のヨガヘルスエデュケータートレーニングは国際ヨガセラピスト連合(IAYT)の教育水準に沿って行っています。

モジュール1 概要

  • 意識と真我を基にしたヨガ哲学
  • ヨガ心理学- (ラージャヨガ)と瞑想
  • マインド とその機能
  • マインドと集中の5つの段階
  • マインドの3つのレベルと意識の進化
  • 生まれながらのカルマの傾向と潜在意識
  • カルマ、ダルマと人間関係
  • 感情の癒し:怒り、不安、抑うつ、欲望、中毒、悲しみ、執着、ストレス回復
  • ガイドライン 精神の健康
  • ポジティブ思考 テクニック 。伝統的なヨガの4つの道より
  • 浄化:苦悩の根源
  • 特定のコンディションへのヨガの影響

モジュール2 概要

  • ストレス反応とリラックス反応の心理学
  • ストレスの5つの原因とヨガがどのように助けるか;健康とライフスタイル
  • アーユルヴェーダの基本:ドーシャ、アーマ、プラーナ、ヴァーユ
  • 太陽と月のバランス
  • 先天性の体質から後天的な体質へ:プラクルティからヴィクルティ
  • デトックス
  • 栄養と消化の火
  • 癒しの5つの鞘
  • 生物学と心理学の土台:解剖生理学
  • 病気の過程とカテゴリー/医療用語
  • 個人的なセラピーケースのグループティーチング

モジュール3 概要

  • 情報収集/アセスメントの行い方
  • グループもしくは個人のケースの計画において、プロトコールのすすめ方
  • フォローアップのしかた
  • プロトコールをクライアントのニーズに合わせる方法
  • 病気の知識を発達させ、ヨガセラピーを活用させる
  • ヨガヘルスエデュケーターの練習の機会
  • クライアントの健康を専門機関に知らせるタイミング
  • グループの管理と行い方
  • 治療的人間関係における、集団力学
 
syhet-asana-teaching
syhet-counseling-good

遠隔学習

オンラインの講義は、許可を得て録音されますが、なるべくリアルタイムで参加してください。講師は連絡なしに変更となることがありますのでご了承ください。

このモジュールでは1年以上かけて、解剖生理学とアーユルヴェーダ:毎日のルーチン、感覚の順応の仕方、アーユルヴェーダ栄養学、アーユルヴェーダハーブ、アーユルベーダセラピーについて学びます。

中毒症の原因とどのように中毒症と破壊的行動をマネージメントするかについて心理学を深めて学びます。

最終の遠隔講義の間、ヨガヘルスエデュケーションの法律とビジネスと共に、生徒は主要なセラピーの人間関係と、YETの主要な理論について再び学びます。

  • 解剖生理学
  • アーユルヴェーダ
  • 健康と病気:中毒
  • セラピストとクライアントの関係
  • ヨガセラピーのビジネス:法律とネットワーク
  • 主要理論と教育の継続

日程と料金

 

シヴァナンダヨガヘルスエデュケータープログラムは2年間で構成されており、3回アシュラムで15日間集中的に講義が行われます。また、各回には、自己学習、、プログラムの宿題、コンセプト、申し込みが含まれます。

モジュール1:  2020年1月4日 – 19日 ヨガとマインド、心理学と精神の健康

モジュール 2:  2020年10月9日 – 24日  アーユルヴェーダヒーリング; 病気の過程、管理と予防

モジュール 3: 2021年1月8日 – 23日  ヨガヘルステクニック:アーサナ、プラナヤーマ、リラクゼーションのセラピー

モジュール 4: オンライン , 解剖学、心理学、病理学/生物学の基本

プラクティカム:ヨガヘルステクニック  病院もしくはヨガセンターで、メンターのガイダンスの下、個人とグループの教育のためのテクニックと知識を身につけていきます。

2年間のプログラムの料金

シヴァナンダヨガヘルスエデュケーターの料金は全額で10.000ドルです。生徒さんは、以下の支払いスケジュールに従ってください。:

デポジット
1回目の支払い
2回目の支払い
3回目の支払い
4回目の支払い

支払いの日程
2020年1月3日
2020年10月16日
2021年1月8日
2021年3月31日

1,000ドル
3,000ドル
2,000ドル
2,000ドル
$2,000

早期割引

宿泊施設

宿泊料金 はプログラムの料金には含まれません。SYHETの生徒は宿泊の特別割引が受けられます。宿泊には2回の食事が含まれます。

 

必要条件

200時間のヨガティーチャートレーニングコース はヨガヘルスエデュケータートレーニングを受ける前に終了してください。

 生徒はこのプログラムを全て終了するために、メンターの下で250回のプラクティカムをシヴァナンダヨガヘルスエデュケーターのモジュールに沿って完成させなければなりません。

よくある質問

 

スワミシタラマナンダのQ&A

アジアとアメリカ西海岸のシヴァナンダヨガヴェーダンタセンターとアシュラム(SYVC)のディレクター
Swami-sita-teachings-arms-up-1800-opt
Q. なぜSYVCのみが今ヨガヘルスエデュケータートレーニングを行っているのですか?

A.  国際シヴァナンダヨガ組織 は、伝統的なヨガがあたえる総合的な健康について50年以上教えています。ヨガはストレスを扱うパワフルな方法として広く知られています。そして、健康と予防ケアのアプローチ方法として認識されています。シヴァナンダヨガヘルスエデュケータートレーニングは、伝統的なヨガの教えが他者のセルフヒーリングとなる機会を提供していきます。

Q. ヨガティーチャーは、このコースにおいて他のスクールからシバナンダのコースを受けられますか?

A. ヨガは宇宙的です。ヨガティーチャーは身体の姿勢、シークエンス、優位、見通し、クラスのカリキュラムへとことなるアプローチが必要です。シヴァナンダヨガは、呼吸法(プラナヤーマ)、リラクゼーション(シャヴァーサナ)、ベジタリアンの食事、ポジティブ思考、瞑想(ディヤーナ)、ヨガ哲学(ヴェーダンタ)を総合的に含みます。他の伝統のハタヨガティーチャーは、特にヨガ的生活に浸る経験を得るでしょう。

Q. シヴァナンダヨガヘルスエデュケーターとしての仕事をどのように見つけたらいいですか?

A. このプログラムは 国際ヨガセラピスト連合 (IAYT) の構成に従っています。 SYVC と IAYT は、2つともヨガ団体として知られています。この2つの信用できる組織のバックのもと健康をひろげていきます。 このトレーニングによって、ヘルスケア供給者とヨガスクールの仲介者になれますし、ヨガコースのことを話したり、あなたの興味のあることを要望にそってコースを開催したりできます。

Q. 誰に奉仕してどのようにクライアントを得ればよいのでしょうか?

A. たくさんの可能性があります。実践的なヨガの知識を、病院、健康機関、鍼灸師、理学療法士、脊柱指圧療法クリニック、ソーシャルワーク、緊急施設、ウェルネスプログラムなどに持っていきましょう。中毒症、ストレス、不安、PTSD(暴力ー家庭内、性的、個人的もしくは軍隊)、抑うつ、神経系の病気、術後回復、慢性疼痛、自己免疫疾患、行動問題などのクライアントに果敢に奉仕してください。2年間のモジュールで、ヨガビジネスの練習から、どのように依頼人をつくるのか学びましょう。

Q. どのようにヘルスケアシステムにおいて、ライフスタイル、信念と健康のヨガ的つながりを築けばいいのでしょうか?

A. ヨガは免疫システムの回復を助け、ストレス耐性を向上させます。それは、以下のような側面の問題に深く関わっています:

  • カルマの問題(過去からの深い問題)
  • 微細なエネルギーの流れとブロック
  • 思考と、感情と生命エネルギーの関連性
  • 私達の意識と人生の意味が、私達のヒーリング能力に直接関わっていること

病気の原因の底にあるこれらのものに意識を向けることで、トリートメントの効果の著しい結果が得られます。

 

ゲストの声

自然、プラーナ(エネルギー)、スタッフとここで得られる知識は言葉では小さすぎて表現しきれません。ここに来て体験することで、このようなすばらしい場所が実際に存在することを信じることができると思います。

ケニーラム
2017年3月23日
セオ 4U ツアー

私はシヴァナンダダラットアシュラムに瞑想の集中した練習のために訪れました。私が得たものはそれ以上でした。スタッフが私に利他的奉仕の傾向があることを気づかせてくれ、それはマインドの肯定的なツールとなりました。私はマインドがどのように働くのか、そしてどのようにヨガの練習を深めたら良いのかを学びました。一週間後私は家に戻りました。食事は美味しく、空間と人々はすばらしいです。

ジェーン
カルフォルニア、サンディエゴ
2017年6月30日
マーケティング

平和で美しい場所での本当のヨガ的生活はすばらしい体験となりました。私はたくさんの哲学、瞑想、アーサナの練習を学びました。人々はとても親切に助けてくれ、熱心にヨガの知識をシェアしてくれます。トレーニングセンターはダラットの山の広大な場所にあります。食事もすばらしいです。また戻る日が待ちきれません。わたしの日常は、ここで学んだ新しいことで変化しました。

デボラ B
2017年10月8日
リオデジャネイロ
シェフ

シヴァナンダヨガヘルスエディケータートレーニング

申し込み

横からのメインヨガホール
ゲストとスタッフがグループ写真を撮影しているところ
木の下で日光浴を楽しむゲスト
Share This