よくある質問

一般的な質問

シヴァーナンダ・ヨーガとは何ですか?
私たちは、体とマインドの健康促進やスピリチュアルな成長を目指した、伝統的で、正確で、容易に学ぶことかできるシステムを教えています。シヴァーナンダ・ヨーガは、スワミ・シヴァーナンダの教えに基づき、個人の成長や自己変容へのホリスティックなアプローチを提供します。基本的な実践は、ヨーガの5つのポイントとして、スワミ・ヴィシュヌデーヴァナンダによってまとめられています。これらの5つのポイントはヨーガ的暮らしの基礎を創造し、スピリチュアルな道を進んでいくために体とマインドを整えます。ヨーガのポーズ(アーサナ)や呼吸法(プラーナヤーマ)は日々の修行での重要な部分です。他には、ヨーガ的食事、リラクゼーション、瞑想、そしてポジティブな思考が含まれます。シヴァーナンダ・ヨーガについての詳細はこちら
スワミ・シヴァーナンダとは誰ですか?
スワミ・シヴァーナンダは1887年から1963年まで生き、20世紀のインドで最も有名なヨーガマスターの一人です。ヨーガとスピリチュアリティの偉大な先生である彼と彼の弟子たちによって、ヨーガの教えが世界中に広まっています。彼は200冊以上の本の著者であり、the Sivananda Yoga Vedanta Forest Academy and the Divine Life Society を創設しました。彼の弟子たちは彼らの書物や多くの団体を創設することを通してヨーガの教えを共有し、人々に奉仕をしてきました。そのため彼は「マスターの中のマスター」と呼ばれています。
どんな種類のヨーガを練習しますか?
私たちは伝統的なハタ・ヨーガを練習しています。典型的なシヴァーナンダのアーサナクラスは、毎日の練習で最も重要とされる12の基本ポーズを含みます。私たちのクラスは、集中力と呼吸への集中を用いて、ゆっくり慎重にポーズに入り、それを解く伝統的なスタイルで教えられます。 全クラスは呼吸法であるプラーナヤーマから始まり、ウォームアップとして太陽礼拝へと続き、各アーサナの間には短いリラクゼーションがあります。様々なレベルに合わせて、オープンクラスやビギナー、中級コースを提供します。より深い練習へと進んだ生徒には、さらに上級のコースもあります。ヨーガリトリートのヨーガクラスについてはこちら。
ヨガマットを持参する必要はありますか?
アーサナクラスのためのヨガマットが必要です。持参するか、滞在期間に受付でレンタルすることも可能です($5)。また、ブティックでも購入可能です。
もしお腹がすいた場合はどうすればいいですか?
ブティックでは、スナックの購入ができます。オープン時間は午前11時から12時、午後6時45分から7時半で、様々なスナックを取り扱っています。
どのように"Sivananda"を発音しますか?
シヴァーナンダです。
スワミとは何ですか?
スワミとは、ヨーガの伝統に沿って放棄の誓いをたてたスピリチュアルティーチャーです。アシュラムでは、彼らはヨーギであり、先生であり、修行者です。彼らはこの組織での長期スタッフであり、系統の教えを引き継いでいます。
なぜスタッフは黄色と白の服装をしているのですか?
白は純粋さを表し、黄色はヨーガの生徒の色です。それは生徒が修行を続けることで、知識の火花が最終的に炎へと成長することを表します。
サットサンガとは何ですか?
サンスクリット語でサットサンガは「至高の真実との集まり」を意味します。それはスピリチュアルな知識を聞き、それについて話し、理解する人々や先生との集まりです。通常これには、ヨーガの教えを聞くことや読むこと、熟考すること、そしてそれらを日常生活にどのように統合するのかについて議論することが含まれます。サットサンガは毎日朝一と夕食後に約90分間行われます。サットサンガは、沈黙の瞑想と20分間のチャンティング、講師やゲストスピーカーによる講話やプレゼンテーション、パフォーマンスによって構成されています。
シヴァーナンダ・ヨーガ・リゾート&トレーニングセンターには、どのように行くことができます
私たちを訪れる方法:

自己練習はどこで行えばいいですか?
アシュラム滞在中ゲストは、一日最低一回のアーサナクラスに参加することが求められますが、アシュラムの敷地内には個人練習ができる場所がいくつかあります。天気がいい日は、ヨーガホールの目の前にある芝生が良い練習スペースです。また、他のクラスで使われていなければ、ガネーシャホールもお勧めです。もちろん、アシュラムが提供する一日二回のシヴァーナンダ・ヨーガのクラスへの参加も大歓迎です。
マッサージはどのように予約したらいいですか?
私たちの健康センターは、様々な種類のマッサージを提供します。滞在中に受付で予約することが可能ですが、空きがない場合もあるので到着前にご予約されることをお勧めします。
どんな食事が出ますか?
ヨーガ的食事の伝統的な原則に沿ったベジタリアンの食事が一日二回提供されます。すべての食事は新鮮な材料とマイルドで美味しいスパイスを用いて、愛情をもって調理されます。メニューは日々変わりますが、通常はサラダバー、スープ、穀物、タンパク質、そして最低1品のベジタリアン料理が提供されます。

ヨーガ・バケーション・プログラム

ヨーガ・バケーションとはなんですか?
 

ヨーガ・バケーションのプログラムは、都会生活の喧騒からの逃げ場を提供し、あなたを深くリラックスさせ、養い、そして刺激を与えます。ゲストは、自分の都合に合う日にこちらを訪れ、ここでのスケジュールに沿ってヨーガ的ライフスタイルを深く体験します。スケジュールには、美味しい食事や2時間のヨーガクラス、コミュニティーの集まり(サットサンガ)、興味深い講話やワークショップ、そしてもちろん敷地内やダラットで自然やハイキングを楽しむ時間が含まれます。

ヨーガ・バケーションの費用は?
ヨーガ・バケーションの費用は、テント一泊30ドルが最低限です。最低滞在日数は3日です。費用には、一日2回の食事、アーサナクラス、サットサンガ、ワークショップ、チャンティングや瞑想が含まれます。もしバケーションとして滞在中に何かのコースに参加希望の場合、コース受講料が別に発生します。

コース

私の参加するコースはいつ始まって終わるのですか?
コースの日程はプログラムカレンダーに、コース説明とともに掲載されています。コースは通常、初日の夜に行われるオリエンテーションから始まり、最終日の正午に終わります。参加者はコース開始日に到着し、最終日の午後に出発するように計画してください。コース前後にヨーガ・バケーションとして滞在することも可能です。
どんな種類のコースがありますか?
ヨーガやヨーガに関係する多くのトピックのコースを提供しています。例えば、週末リトリート、瞑想、ヨーガ哲学、初心者向けヨーガ、講師養成コース、子供向けヨーガ、ヨーガと健康など、他にも沢山あります。

もし今回が初めてのアシュラム滞在、またはヨーガが初めての場合、全レベルのためのヨーガのコースをお勧めします。これはヨーガのライフスタイルや修行の様々な側面への入門となり、ヨーガの伝統的なシステムを通して健康と幸福の発展へと導きます。これらのクラスは、講師の目が行き届きやすいように少人数のグループで行われ、あなたのヨーガの練習のための強力な基礎を確立するでしょう。

コース料金には食事代と宿泊費は含まれますか?
コース受講料は、全てのコース内容や宿泊、食事、ヨーガクラス、そして施設のアメニティの利用のための費用を含みます。ゲスト情報でさらに詳しく見る。
講師は誰ですか?
コースの担当講師については、各々のコース詳細ページに記載されています。私たちの優れた講師陣に加え、様々な分野からの一流講師をお招きすることがあります。
コースに参加する際の、アシュラムでの一日のスケジュールは何ですか?
ヨーガリゾートの一日のスケジュールはヨーガ的ライフスタイルを深く経験できるようにデザインされています。スケジュールは次の通りです:

6:00am    サットサンガ-瞑想、キルタンのチャンティング、講和または歩く瞑想
8:00am    アーサナとプラーナヤーマ
10:00am   ベジタリアンブランチ
11:00am   カルマ・ヨーガ
2:00pm    ヨーガバケーションのワークショップ
4:00pm    アーサナとプラーナヤーマ
6:00pm    ベジタリアンディナー
7:30pm    サットサンガ-瞑想、キルタンのチャンティング、講和

講師養成コース

どのような種類のヨーガを教えていますか?
私たちは、スピリチュアルな成長のための体とマインドの健康促進を目指した、伝統的で、的確で、容易に学ぶことができるシステムを教えています。確立された伝統的なヨーガの系統を引き継ぐシヴァーナンダ・ヨーガは、ヨーガの修行やヨーガ的ライフスタイルのための、とても理解しやすく適切な基礎を提供します。ヨーガのポーズ(アーサナ)や呼吸法(プラーナヤーマ)は日々の修行における重要な部分です。典型的なシヴァーナンダ・ヨーガのクラスは次の4つの部分から構成されます:

  • プラーナヤーマ(呼吸法)
  • ウォームアップ、太陽礼拝を含む
  • 12の基本のアーサナ(ポーズ)、各アーサナ間のリラクゼーション
  • 深いリラクゼーション

講師養成コースでは、ご自分の練習を確立することと同様に、クラスを教えることができること、そして古典的なヨーガの深く根付いた伝統を学ぶことを目指します。講師養成コースについてもっと詳しく知る。

コース終了時に認証されますか?
はい。コースを合格して修了することができれば、インターナショナル・シヴァーナンダ・ヨーガ・ヴェーダーンタ・センターから認証され、ヨーガ・シロマニ(ヨーガの講師)としての証明書が発行されます。
ヨーガ・アライアンス認定校ですか?
はい。このコースは、ヨーガ・アライアンス200時間資格として登録され、必要条件を満たしています。卒業生はヨーガ・アライアンスに登録することができます。
今までシヴァーナンダ・ヨーガを受けたことがありませんが、このコースに参加できますか?
はい。講師養成コースに前提条件はありません。ヨーガは万人のものであり、いつでもはじめることができます。
どんな種類のヨーガですか?
アシュラムでのシヴァーナンダ・ヨーガのクラスは2時間の集団クラスです。クラスは、スワミ・ヴィシュヌデーヴァナンダによってデザインされたもので、はじめのリラクゼーションから始まり、プラーナヤーマ、12の基本ポーズへと続きます。

重要な特徴は、各ポーズ間に呼吸を意識したリラクゼーションがあることです。シークエンスのはじめにされる元気を与える太陽礼拝は、ポーズのために身体をウォームアップして準備させ、ケガを防止します。

生徒は内側に集中して、体内の感覚を慎重に認識することを促されます。講師は、規則性に沿うように、そして練習を強制せずに自分の限度を観察するように生徒に定期的に伝えます。

どのようなスケジュールですか?自由時間はありますか?
講師養成コースは、生徒が真のヨーギへ、聡明な講師へ、そして世界平和のためのリーダーへと変容してくために、厳しい集中的なスケジュールで構成されています。一日のスケジュール(毎週の休日/自習日についての情報を含む)をご参照ください。
教えるためのどのような技術を学びますか?
講師養成コース(TTC)を修了すると、ウォームアップやポーズ、呼吸、リラクゼーションを含めた2時間のシヴァーナンダ・ヨーガのクラスを、初心者や上級者、子供、シニアの方、妊婦さんに教えることができるようになります。TTCのカリキュラムについてはこちら。
この講師養成コースの特徴は何ですか?
講師養成コースは、比類ない伝統的なヨーガの教育や国際的なヨーガの系統への繋がりを提供する、定評のある集中トレーニングです。コースの間、ヨーガ的環境で生徒と講師が共に暮らし学ぶ、伝統的な“グルクラ”システムの一員となります。カリキュラムには、ハタ・ヨーガの学習、アーサナ、プラーナヤーマ呼吸法、瞑想、バガヴァッド・ギータの学習、ヴェーダーンタ又はヨーガ哲学、解剖生理学、教え方の学習と練習が含まれます。
基礎コース修了後、より上級のコースはありますか?
はい。ヨーガ講師の養成は、私たちのミッションの重要な部分であり、講師養成コースの機会を多く提供しています。コースは、まだヨーガを始めたばかりの人から、知識や練習を深めたいと思っているヨーガ講師までを対象としています。すべてのヨーガ講師養成コースの機会についてはこちら。

セーヴァ・スタディー/カルマ・ヨーガ

カルマ・ヨーガとは何ですか?
滞在型セーヴァ・スタディー・プログラムの基本は、無私の奉仕であり、セーヴァまたはカルマ・ヨーガとも呼ばれます。スワミ・シヴァーナンダの教えによると、他者の利益のために行いを捧げることは心を浄化し、私たちのスピリチュアルな進化の道をさらに前進させてくれます。カルマ・ヨーガは帰依の実践であり、結果や見返りへのどんな期待もなしに行われる行為です。すべての思考と行為を社会全体の利益のために専念させることです。簡単なことではありません!誠実に実践されれば、この形のヨーガはマインドと心を浄化してくれます。カルマ・ヨーガのプログラムについて詳しくはこちら。

 

自由時間では何が求められますか?
アシュラムのルールと価値観を尊重し、敷地外にいるときはアシュラムの代表としての意識を持つことが常に求められます。自由時間では、アシュラムの自然やアメニティを楽しんだり、敷地内でのハイキングや散歩、勉強や瞑想、または自室で静かにゆっくり過ごすことができます。
ヨーガの経験が全くないですが、大丈夫ですか?
大歓迎です!私たちのヨーガのクラスやサットサンガの講話を通して学ぶことができます。

興味がありますか? アシュラム滞在型セーヴァ・スタディーのプログラムについての詳細はこちら。

どのような作業をしますか?
様々な種類の作業があります。基本的な分野は次のとおりです:

  • キッチンの手伝い(調理から皿洗いまで)
  • 庭仕事/コンポスト
  • メンテナンス
  • ごみ処理
  • 受付/予約/運営
  • マーケティング/プロモーション/デザイン
  • ハウスキーピング
  • 特別ゲストのおもてなし
  • ティーチング
  • ブティック
  • 音響
  • 大工
どのような作業スケジュールですか?休み時間はありますか?
一日のスケジュールは、従事する作業に左右されます。カルマ・ヨーギの奉仕時間は、セーヴァ・スタディーの場合一日5時間で、スタッフの場合は一日10時間までです。また、サットサンガやヨーガクラス(奉仕時間と被らなければ)への参加が求められます。休日はないので、一日の中で自分で自由時間を見つけてください。
滞在型セーヴァ・スタディーのプログラムに参加中、 他のコースへの参加は可能ですか?
ご自分のスケジュールに合う場合は、全レベル対象のヨーガコースに無料で参加できます。また、コース受講料の支払いが必要になる場合もありますが、ゲスト講師によるコースへの参加の許可を得ることも可能です。さらに毎日のサットサンガへ参加することによって、アシュラムスタッフやゲスト講師による講話やプレゼンテーション、パフォーマンスの豊かな体験をすることができます。
やってみたい作業内容を要望できますか?
あなたの技術や興味のあることをお聞きしますが、与えられたどんな仕事も受け入れ、最善を尽くすことはカルマ・ヨーガの修行の一部です。もしユニークな技術や特別な要望がある場合は、お申込書にその旨を記載してください。
Share This